喫煙

喫煙による声への影響とその対策

喫煙と声の関係

喫煙は、百害あって一利なしなんて言われます。
声においても、飲酒は一部良い効果もありますが、喫煙に関しては、本当に良いことがありません。
声の仕事をする人は、仕事のパフォーマンスを(基本的には)下げるだけなので、できる限り禁煙が望ましいです。
今回はタバコと声帯の関係についてお話ししたいと思います。

喫煙の作用

喫煙は、身体に様々な影響を及ぼします。
具体的には、血行障害、声帯に関連する筋肉の変形、離脱症状の錯覚などが挙げられます。
1つ1つ見ていきたいと思います。

喫煙

血行障害

タバコをすると、声帯(に限らず全身ですが)の血管が収縮します。
血が行き届かなくなると、酸素が届かない、運動能力が落ちる、即ち振動のパフォーマンスの低下につながります。
酒やけの原因も、アルコールではなく、喫煙による血行障害が本当の原因です。
参考 飲酒と声の関係
それ以前に、脳卒中や認知症促進など健康面でのリスクを負うため、吸わないに越したことはありません。
また、活性酸素が発声することで、粘膜層深層のコラーゲンの組織づくりに悪影響を及ぼし、振動に影響を及ぼします。

声帯に関連する筋肉の変形

喫煙により、低温やけどを引き起こします。
それにより、粘膜層のラインケ腔にむくみが生じます。
慢性化すると、浮腫(ふしゅ)となり、ポリープに発展します。
参考 声帯の粘膜層の構造
形が変形することで、声帯がきれいに振動しなくなり、様々な不具合が発生します。

離脱症状の錯覚

ニコチンは脳内報酬系(欲求が満たされたり見込みがある場合に活性化し快感をもたらす神経系)に影響を及ぼし、ドーパミン(満足感や幸福感を感じる快楽物質)を過剰に放出する働きがあります。
喫煙が習慣になると、ドーパミンの過剰反応に慣れてしまい、ニコチンに依存する形になってしまいます。
ニコチンの効果が切れると、イライラしたり集中力が低下したり落ち込んだりしやすくなり、離脱症状に陥ります。
喫煙で離脱症状は和らぎますが、元々吸わなければ離脱症状に悩まされることもなく、ニコチンに依存する生活を余儀なくされます。
声の不具合は精神的な問題も多いため、離脱症状持ちは、野球選手でいうところの爆弾持ちに似ていると言えます。

喫煙への対策

正直なところ、吸わないに越したことはありませんが、急にニコチン依存をやめる恐ろしさもあるので、徐々にやめていけると良いと思います。
僕が今まで禁煙希望者に助言している禁煙方法について、いくつかご紹介します。

禁煙する方法を自分自身に問いかける

おそらく、人生最低20年生きてきた中で、禁煙する方法はいくつか聞いてきた、もしくは禁煙に繋がる入り口は知っていることかと思います。
それを自分の潜在意識に問いかけてみてください。
ふとしたときに、その答えが返ってきます。

喫煙以上の快楽を作る

喫煙をしている以上、得ることができない体験を、喫煙以上の快楽になるように仕向けます。
かわいい娘に「パパ、タバコ臭いから嫌、近寄らないで!」…さて、どっちをとりますか?(笑)

喫煙に成功するストラテジーを崩す

禁煙に失敗するということは、喫煙に成功する方程式に則っているとも言えます。
その成功方程式をきっちり分析し、その一部を改竄することで、方程式が崩れ、喫煙に失敗することが可能になる場合があります。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。