ストレートナレーション3

ストレートナレーション 3つの訓練 その3

皆さん、ごきげんいかがでしょうか?
声の悩み解消のスペシャリスト、ボイスカルチャー加藤寛理(@hirorisan)です。

ストレートナレーションの具体的訓練方法を3回に分けてお届けしています。

大元の記事

ストレートナレーション 限界突破の訓練

ご紹介する訓練の3つは次の通りです。

ストレートナレーション 3つの訓練
  1. 身体的感覚反応への誘導
  2. メンタルコンセプトの実践
  3. 正確な発声訓練

題材とさせていただいたナレーションはこちら。

ドイツの首都 ベルリン
あまり水の印象は強くないベルリンですが、このシュプレー川では多くの観光客がクルージングを楽しんでいます
実は世界遺産の横を流れていることもあり、観光として遊覧船が大人気です
船から見えるヨーロッパの街並みや世界遺産をごゆっくりお楽しみください

今回は3番目、正確な発声訓練について解説します。

今回の記事の動画はこちら

メンタルコンセプトのお手本を再現するための声

メンタルコンセプトでお手本とする方の模倣をする段階で、1つの壁にぶち当たるかもしれません。

メンタルコンセプトの訓練手順
  1. お手本をなぞる
  2. 何も聴かずに再現する
  3. 不要な部分を削除する

2番目の手順で再現する際、どうしても真似できない部分が出てくる可能性があるということです。

例えば、お手本の人ほど低音部分が安定して読めないといった内容です。

そのためには、再現するための声の土台、即ち発声訓練が必要になってきます。

声の訓練については、こちらの動画で詳しく話をしています。

正確な発声訓練と表記したのには、理由があります。

例えば、ナレーションにおいて生命線ともいえる、滑舌

世間一般的には、滑舌を良くするために、以下のような指導がされていませんでしょうか?

  • 口をしっかりとあける
  • 口角を上げる
  • 表情筋を活用する

確かにこれらで、滑舌は若干良く聞こえます。

若干です。

滑舌に多少は影響しますが、根本的な部分ではありません。

そして、今回の動画では紹介しませんでしたが、

  • リップロール
  • タングトリル

も有効と言われているかもしれません。

この2つは、弛緩法に分類されますが、文字通り筋肉を緩める働きがあるものの、筋肉の張力も失われるので、実は逆効果な部分も大きいのです。

滑舌に大きく影響を及ぼすのは、舌骨と呼ばれる舌がくっついている骨にくっついている筋肉…舌骨上筋群(茎突舌骨筋、顎舌骨筋、オトガイ舌骨筋など)や舌骨下筋群(甲状舌骨筋、胸骨舌骨筋など)です。

これらの筋肉を使う声を訓練することで、基本的な滑舌の良さが決まり、そこから細かい味付けとして、構音筋などを使ってきれいに聴かせるのが本来の滑舌の訓練です。

他にも、いい印象に聴こえるための声や、聴いていると安心できる声などで使う筋肉を使うことで、ストレートナレーションの声にも、様々な声の成分が付与されます…狙って作らなくても、です。

ストレートナレーション勉強会

全部で4回に渡ってお伝えした、ストレートナレーションの訓練。

ワークが必要な部分以外、情報はお出ししたつもりです。

が、実際にやろうと思っても、まだまだお伝えできていない手順も多く存在します。

そんな方のために、3つの訓練のさらなる説明と指導についての勉強会を企画・開催しています。

2020年2月 第0期生(募集は終了しました)

2020年2月〜 第1期生募集中

勉強会については、希望者とスケジュールの合う日に実施しています。

詳細は、こちらのページにてご案内中です。※2020年2月末に公開

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。