ストレートナレーション1

ストレートナレーション 3つの訓練 その1

皆さん、ごきげんいかがでしょうか?
声の悩み解消のスペシャリスト、ボイスカルチャー加藤寛理(@hirorisan)です。

今回から、ストレートナレーションの具体的訓練方法を3回に分けてお届けします。

大元の記事

ストレートナレーション 限界突破の訓練

ご紹介する訓練の3つは次の通りです。

ストレートナレーション 3つの訓練
  1. 身体的感覚反応への誘導
  2. メンタルコンセプトの実践
  3. 正確な発声訓練

題材とさせていただいたナレーションはこちら。

ドイツの首都 ベルリン
あまり水の印象は強くないベルリンですが、このシュプレー川では多くの観光客がクルージングを楽しんでいます
実は世界遺産の横を流れていることもあり、観光として遊覧船が大人気です
船から見えるヨーロッパの街並みや世界遺産をごゆっくりお楽しみください

今回は1番目、身体的感覚反応への誘導について解説します。

今回の記事の動画はこちら

感情の揺さぶり

今回のナレーションの方針の1つとして、聴いた人が旅行に行きたくなるようなナレーションを目指します。

では、聴いた人が旅行に行きたくなるには、どのようにすればいいでしょうか?

人は、何か物やサービスを買いたいと思う瞬間、どのような状態になっていますでしょうか?

「欲しい!!」と思っていることでしょう。

では、欲しいと思うに至る状況とは一体どんな状況でしょうか。

それは、感情が大きく揺さぶられたときです。

旅行に限らずですが、お金を出そうと思うときは、以下の2つが多いように感じます。

  • 価格が安すぎて、もし損をしてもたかが知れている
  • その商品サービスによって満足できるほどの価値を感じられる

前者は、100円均一ショップなどもそうですが、破壊的イノベーションと呼ばれます。

20歳のとき、旅行会社の添乗員のアルバイトをしていたことがありました。
ツアー自体は他社に比べるとかなり安く、日帰りで旬の食べ物の名産地まで行って帰ったりしました。
お料理や特典もそこまで悪くなく、フラッと遊びに行く分には気軽に楽しめるツアーだったように感じます。

この場合、魅力を感じるのは価格の安さで、安売りによって感情が揺さぶられるので、ナレーションの出番はなさそうです。

必要とされるのは、少し高めで、背伸びしたら行けるかな?といった旅行のナレーションかもしれません。

では、少し高くても、この旅行に申し込みたい!と思ってもらうにはどうすればよいか。

そう、実は、感情が揺さぶられるまでの手順なるものが存在するのです。

身体的感覚反応とは!?

ナレーションの指導や、作詞をする際のテクニックとしても、以下のような指導があります。

近所の公園にあるベンチに座った
もしこのようなフレーズがあった場合、その公園には何があるか、何人くらいいるか、時計台の時計は何時を指しているか、子どもは何をして遊んでいて、お母さん同士は何を話しているかといった情景をしっかり設計して思い浮かべなさい。
想像する光景は人それぞれ全然違うけど、設計した方が、圧倒的に伝わる。

というものです。

実際その通りで、何も想像しないより、自分なりに想像した方が伝わります。

もちろん、自分が想像した公園の通り伝わることもあるかもしれませんが、多くの場合は聴き手がまた別の公園を想像するでしょう。

このテクニックで伝わるのは、思い入れのある公園にいるといったリアリティのようなものです。

今回のサンプルでは、“このシュプレー川では多くの観光客がクルージングを楽しんでいます”の部分で、クルージングの想像はできる(できる?)と思います。

シュプレー川に強い思い入れのある人は、その単語を聞いただけで、感情の揺さぶりが起こるかもしれません。

が、シュプレー川を想像しようにも、ベルリンに行ったことのある人しか詳しく表現できませんし、聴き手も行ったことのある人しか想像できません。

つまりどういうことかと言うと、見聞きしたものを聞いただけでは、感情が大きく揺さぶられるとは言い難いということです。

では、どうなれば、感情が揺さぶられる結果となるのか。

それは、見聞きしたものを「どう感じるか」に到達したときです。

先ほどの公園の例だと、公園のベンチに座っただけではなんともありませんが、

座った瞬間に涙が溢れ、今までありがとうと心の中で囁いた

と続いた場合、どうでしょうか。

きっと何らかの別れがあったかもしれません。
今までありがとうという言葉を心の中で囁いたとき、もしかすると胸が苦しく熱く感じているかもしれませんし、目頭に強い圧力を感じ眉間にしわがよっているかもしれません。

そう、見聞きしたものから、何かを感じ、体に何らかの変化(体温の上昇や鳥肌、重たさ、真っ白になるなど)を感じることがあります。

これを、身体的感覚反応と言います。

この身体的感覚反応を聴き手が感じたら、感情が揺さぶられる結果に繋がるのです。

しかし、かといって、いきなり公園でベンチに座って泣き出して胸が熱くなったと言ったところで、身体的感覚反応は起こりません(笑)

p>次回は、2つ目の訓練、メンタルコンセプトの実践についてです。

※具体的に身体的感覚反応を呼び出す手順については、ストレートナレーションの講習会にてお伝えします。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。