お酒

飲酒による声への影響とその対策

飲酒と声の関係

お酒を飲んだ後、声が嗄れたり掠れたり、焼けるようなヒリヒリを感じたり…そんな中でもカラオケに行ったり朝まで飲み歩いて喋り倒す。
やる人はやりますよね。
声の仕事をする人は、仕事のパフォーマンスにも直結するので、お酒との付き合い方は考えた方がいいかもしれません。
今回はお酒と声帯の関係についてお話ししたいと思います。

アルコールの作用

アルコールの摂取は、身体に様々な影響を及ぼします。
具体的には、感覚の麻痺、酒やけ、利尿作用による脱水症状、呼吸量の増加による乾燥などが挙げられます。
1つ1つ見ていきたいと思います。

お酒

感覚の麻痺

酔っ払うと、記憶が曖昧になったり、意識が飛んだりします。
ストレスの発散、普段言えないことをお酒の力で借りるのは素晴らしいことですが、感覚が曖昧になっているため、普段より声が大きくなっている、歌うときに無理して歌っていることに気づきにくいリスクを伴います。
声帯に過剰な負荷がかかっていることに気づかず、傷めてしまう可能性が高いため、注意が必要です。

酒やけ

アルコール度数が高いお酒を飲むと、ヒリヒリしますよね。
いわゆる酒やけと呼ばれるものですが、これ、実はウソです(笑)
アルコールが声帯に直接影響を及ぼすことはなく(ただし間接的にはある)、酒やけの原因は、ほとんどが喫煙です。
参考 喫煙と声の関係
ヒリヒリは、柔らかい粘膜などがそう感じているだけであり、声にはほとんど影響がなく、副次的なものが多いと考えて問題ありません。

利尿作用による脱水症状

お酒を飲むと、抗利尿ホルモンが抑制されます。
そのため、おしっこに行く回数が増え、脱水気味になります。
乾燥気味になることで、声帯も傷みやすくなってしまいます。

呼吸量の増加

お酒を飲むと、呼吸の回数が増えます。
さらには、口から息を吸いがちになります。
それにより、器官での空気の出入りが激しくなり、結節などのリスクが伴います。
カラオケで踊ったり振り付けをすると、もう大変なことになります。
参考までに、口から吸うのは、鼻から吸うのに比べて5〜6倍の吸気量になるので、かなり負担が大きいと考えられます。

飲酒時のケア

飲酒時にできることは限られますが、大きくは3つです。
飲んでもいいけど飲みすぎない、水分をこまめにとる、連チャンを避ける です。

水分補給

飲みすぎない

ワインを早いペースの飲んだ経験のある方はお分かりかと思いますが、一気に来ます。
声帯の損傷も同じです。
意識が朦朧とする、吐きそう、やばいかなぁと思ったら無理をせず控えるようにしましょう。

水分を摂る

現実的で最も効果の高いのは、水を飲むことです。
これを徹底するだけでも、気道液の分泌が増えるため、喉の乾燥を抑制することができます。

連チャンを避ける

年齢と共に、筋肉は衰えます。
声帯近辺の水分保有力も衰えていきます。
回復しないうちに再びアルコールを摂取すると、疾患に繋がる恐れが高くなりますので、連日飲み歩くのは避けた方がいいと思います。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。