発声コンディショニングサイクル

発声コンディショニング・サイクル

発声コンディショニング・サイクル

前回、コンディショニングについて解説しました。
では、発声業界でどのように活用するかということで、発声コンディショニング・サイクルについてお話ししたいと思います。

プロ野球選手のコンディショニング

まず、イメージの湧きやすそうなプロ野球選手を例に、コンディショニング・サイクルを見ます。

基準、スタート地点

「立つことができる」をサイクルの基準とします。

トレーナー分野 プロになるまで

身体的成長、筋力増強など、体づくりを行い、プロとして活躍できる土台を作ります。
担当はジムのトレーナーやパーソナルトレーナーなど。

コーチ分野 プロとして結果を出す

野球の技術的訓練を経て、理想のプレイスタイルを実現させ、高い成績を残せるようにします。
担当は元現役の選手など。

トレーナー分野 試合後の体のケア

プロの選手であっても、試合後は疲労の蓄積により、運動能力が普通の人と同じ程度にまで落ちます。ドクター領域に落ちる(故障する)ことのないよう、ケアを行うことで、またコーチ領域のパフォーマンスを発揮できるように整えます。
担当は柔道整復師など。

ドクター分野 試合時のアクシデント

死球を受けるなど故障をしてしまった場合、ドクターによる適切な処置(診断や手術)が行われます。
その後、リハビリを経て、基準となる立つことが可能な状態にまで回復をさせます。担当は医者、理学療法士など。

以上のように、プロ野球選手として長く活躍する場合、コンディショニング・サイクルに合わせた状態維持管理を行っていきます。

発声コンディショニング・サイクル

プロ野球選手の過程を参考に、声のプロプレイヤーの場合を見ていきます。

基準、スタート地点 

声が出せる状態をサイクルの基準とします。

トレーナー分野 プロになるまで

プロのパフォーマンスを発揮するための声の訓練を行います。
高い声/大きな声/通音程が取れる/滑舌が悪くない/嗄れない/様々な役柄の声が出せる などです。
ポイントは、歌であれ演技であれ会話であれ、トレーナー分野で行う訓練は全く同じです。
担当はボイストレーナー。

コーチ分野 プロとして結果を出す

声づくりが完了したら、理想とする表現をさらに磨いていき、高い芸術力やクライアントに求められる表現力を身に付け、発揮します。
担当は現役プレイヤーや制作責任者など。

トレーナー分野 疲れた声帯のケア

声は筋肉運動なので、ずっと使い続けると、運動時と同様、疲労が蓄積します。
疾患にならないように、かつ次の仕事でいつも通りの表現ができるようケアを行います。

ドクター分野 疾患になった場合

結節(声帯のマメ)やポリープ(声帯の内出血)により、手術が必要になる場合、ドクターによる診断と手術が行われます。その後、リハビリを経て、基準となる声を出すのが可能な状態にまで回復させます。
担当はボイスクリニックの先生など。

これが、声の分野の方が積極的に採用していきたい、発声コンディショニングのサイクルになります。

発声コンディショニング図

発声コンディショニング・サイクルまとめ

コンディショニングの概要は、以下の動画でお話ししました。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。